フィリピンに留学するのに必要なもの

フィリピン 留学

フィリピンの留学時に必要なもので、まず必ず必要なのが、有効期限が6か月以上のパスポート、航空券です。そして、クレジットカードは必ず2枚は用意しましょう。留学してから使えないということにならないように、VISAやマスターカードなど会社が違うものを2枚用意するといいでしょう。また、海外旅行保険は必ず入っておくことをおすすめします。クレジットカードに保険がついてくることもありますが、条件がありますので、確認してから加入しましょう。現地でお金を引き出したい方は、国際銀行カードが必要になります。ですが、フィリピンのペソはあらかじめ両替して持っていく方がいいです。他に鎮痛剤や胃薬などの薬類や、電子辞書、コンセントの変換機があると便利です。スマートフォンを使う方はポケットWi-Fiを持っていくと現地でもスムーズにスマートフォンを使うことができます。

フィリピンに留学する際の注意点

フィリピンへ留学する際の注意点があります。フィリピンでは、コンセントに電気機器をさしたままにしておくと、停電が起きた際に機器に負荷がかかり壊れてしまうことがあるので、使用していない電気機器はこまめにコンセントから抜くようにしましょう。また、自分の部屋が分かったら、万が一の時のために非常口の確認をしておきましょう。スーツケースはできれば鍵付きのものが好ましいです。留学中は貴重品を自分で管理することになるので、鍵付きの保管庫代わりになります。また、パスポートは留学先の学校が預かる場合がほとんどなので、パスポートのコピーをとっておくと、何かあった時のためにもなりますし、現地でジムなどの契約をする際にも使用できます。現地でのレストランで水を飲むときは、氷入りは避けて、ミネラルウォーターを飲むことをおすすめします。道を歩くときに後ろを警戒し、持ち物には常に気を付けるようにしましょう。

フィリピンに留学する際の心構え

フィリピンは日本に比べると治安が良いとは言えない地域です。近づいてきて自分の荷物を運んでくれる人にも注意しましょう。また、荷物を運んでくれと頼んでくる人も、そういった方法で薬物を運ばされる場合があります。チップを要求された場合も必要のないところでは渡さないようにしましょう。日本語を話しながら近づいてくる人もいますが、こちらの様子を伺った上で、お金をだまし取るという被害も出ているので、知らない人に話しかけられたらまずは疑うということが大事です。もしも強盗にあった時は、持っているお金を渡して抵抗しないようにしましょう。こういった時のために、必要なだけのお金を持ち歩いて、カード類はできるだけ持ち歩かず、小銭用のお財布を用意しておくといいです。フィリピンに留学する際は、日本と同じだと思わず、自分が無防備であることを自覚する心構えが必要です。