留学先としてフィリピンを選ぶメリット

フィリピン 留学

英語を勉強するために留学するなら、留学先はアメリカなどよりもフィリピンがおすすめです。理由はいくつかあり、第一に英語を話す人が多く費用が安い事、マンツーマンでのレッスンが多く無料の授業もある事、日本から近くビザの手続きも簡単であり勉強だけに専念できる事などが大きな理由です。フィリピンは東アジアで最大の英語国家とも言われており、7,000以上の島々からなる群島国家なのでタガログ語やセブアノ語などの地域で異なる言葉も話されていますが、異なる言語の地域間で共通語として使用されているのが英語なのです。1898年の米西戦争により植民地だったフィリピンがアメリカに譲渡されてからは、英語が公用語となり小学校から大学まで授業は英語で行われるようになりました。それにより東アジア最大の英語国家と呼ばれるようになったのです。

人件費が安く教えられる人が豊富にいる

英語国家と言っても、タクシードライバーは片言しか話せない人や、食道などへ行くと全く英語が使えないという人も沢山います。なので「フィリピンの人は皆英語が話せる」というようなフレコミは少々大げさすぎると言えます。フィリピンの大学進学率は30%ほどで、その為高等教育を英語で受け更に英語で卒業論文を書けるという人材となると、3,000万人ほどということになります。それでも十分過ぎる人数の講師がいると言えますし、日本などよりも格段に安い人件費で教えてもらえるのです。その事はフィリピンとしても強力な武器としていて、日本からフィリピンに来る留学生は年々増えていますし、アメリカの企業が持つコールセンターも首位をインドから奪ったほどです。人件費が安いので留学費自体も安く済むことから、フィリピンの留学は人気急上昇しています。

マンツーマンで受けられるレッスンが多い

フィリピンへの留学がとても安いのはお分かり頂けたでしょうが、実際のところ以前は日本からの留学先として1位だったアメリカと比べてもその費用は三分の一程です。アメリカなら2,200ドル平均でかかっているところ、フィリピンだと1,500ドルくらいで済んでしまいます。加えて日本から近く時差も1時間ほどで、ビザ取得も空港で発給されるのは30日ですが、その後も留学期間が続く場合は学校のスタッフがビザ手続きを代行してくれるので、勉強に専念する事ができます。そのレッスンもフィリピンはマンツーマンが多く、集団の中で話すことが苦手な日本人にとって最適なレッスンが受けられるのです。マンツーマンなら同じ1時間のレッスンを受けたとして、単純計算で10人の授業よりも10倍近くの時間を得られる事になります。留学を考えているならフィリピンがおすすめです。

現地スタッフが各学校を訪問、お客様のお声を聞き、より良いサポートに繋げています。 東京・大阪・福岡・セブのオフィスにて、24時間356日皆様の留学を徹底サポートします。 資料請求は無料でのお届けはもちろん、即日発送で対応いたします。 現地オフィスで不定期開催されるイベントには、無料招待や特別価格で参加できます。 短期留学でも十分にスキルアップし、集中して学べるカリキュラムをご提供します。 フィリピン留学するなら格安語学学校、フィリピン留学ドットコムをチェック!